混載便の引越し業者なら料金も安い?お得な長距離引越しの方法

転居先が遠い長距離引越しは近距離と比較すると極端に料金が高くなります。すぐ近くの引越し料金が10万円に収まるような荷物でも長距離引越しになると30万円、50万円といった金額が普通に見積もりで出てきます。

 

繁忙期のような忙しい時期なら100万円の見積もりが出されても不思議ではありません。
参考記事:引越し業者が作成する「お断り見積もり」の意味するものとは?

 

このような長距離引越しを少しでも安い費用で済ませたいなら業者選びが大切です。一口に引越し業者といっても長距離輸送が得意な会社とそうでない会社があるからです。

 

長距離輸送を得意とする引越し業者を見つけられれば、支払う料金は大きく違ってきます。

 

まず大切なのが帰り便です。わざわざ遠方までトラックを走らせても、帰社時に荷物を載せずに長い時間トラックを走らせるなら非常に高いコストが掛かっていることになります。

 

帰り便を確保できればそれだけコストを抑えられ、引越し業者の負担も小さくなります。その分は引越し費用にも当然跳ね返ってきます。

 

さらに行きについても大きなトラックで複数の荷物を積み合わせることができれば、燃料費、高速代、人件費といった長距離便で高くなりがちなコストをお客様ごとに分散できます。

 

長距離引越しの費用を安くしたいのなら混載便を使っている引越し業者を探してみましょう。1台のトラックで走らせるチャーター便を使う業者よりも安い費用で依頼できるでしょう。

混載便のデメリットとは

引越し料金が安くなるという大きなメリットを持つ混載便ですがデメリットもあります。

 

混載便のデメリットは同一地域への便が集まるまでに日数が掛かる場合があること。人口が少ない地域への引越しだと最悪、便が集まらないという可能性もあります。

 

便が集まらなければ最大のメリットである料金は安くならないし、引き取りしてもらっても届けるまで日数が掛かるなんてこともあります。

 

また、到着時間の指定もできない場合があるのも混載便のデメリットです。複数のお客様の荷物を効率よく配達する為には最短距離のルートで降ろしていかなくてはなりません。

 

決まった時間にしか家にいられないような場合は混載便での引越しは難しいかもしれません。例えば学生さんが卒業で実家に帰ったり、単身赴任ですぐには荷物が必要でない場合などで、少しでも引越し費用を安くしたい方は混載便のメリットを最大限に享受できます。

サカイやアートと言った引越し業者でも混載便は頼める?

混載便はサカイ引越センターやアート引越センターと言った業界大手の引越し業者でも頼めるのでしょうか。

 

サカイ引越センターでは「ご一緒便コース」という独自のサービス名を冠して混載便を走っています。アート引越センターでも混載便は走りますが、地方への引越しだと便が集まらないことを理由にあえてサービスとして提供はしていません。
混載便、梱包、トランクルーム…。アート引越センターに聞く「意外と知らない引っ越し会社の便利なサービス」

 

しかし、流通量が多い東京~大阪のような大都市間の引越しでは便も集めやすい為に混載便としてトラックを走らせることもあるようです。

 

あなたの引越しがそのような条件に該当するならアート引越センターの営業担当と混載便を使えないか相談してみると良いかもしれません。

 

また、中小の引越し業者であっても東京、大阪くらいには拠点を持っている会社はたくさんあります。そんな引越し業者の中には混載便で長距離を格安で請負っている会社もあります。

 

例えば、引越のプロスタッフという会社もそんな引越し業者の一つです。長距離引越しを安くしたいなら問い合わせをしてみても良いでしょう。

 

混載便で長距離引越しが安い|引越のプロスタッフ
https://xn--wtqp05exvw.xyz/

他にもある長距離の引越しを格安にする輸送方法

長距離の引越しを格安にする方法は何も混載便だけではありません。ここでは混載便以外の方法をご紹介したいと思います。

 

コンテナ便

コンテナに引越し荷物を積み込む長距離輸送の方法です。長距離輸送はJRやフェリーなどを使って行います。

 

混載便が集まりにくい地方でも関係なく恩恵を受けられます。ただし、コンテナ1つが契約単位となるために中途半端な量の荷物では利用が難しい場合もあります。

 

自分が運びたい荷物がコンテナのサイズとほぼ同じくらいで、地方の引越しの場合にコンテナ便のメリットを最大限に受けられます。

 

また、デメリットとして受け取りまで時間が掛かるのは混載便と一緒です。すぐに荷物を使いたい場合には不向きな輸送方法です。

 

単身パック

ヤマト運輸や日通にはカゴ台車を使う単身パックというサービスがあります。カゴ台車を使うので荷物の積み合わせが簡単にできる為に、長距離輸送も格安の料金で請負ってくれます。

 

さらにヤマト運輸や日通は宅配便を取り扱っているために、同一地域への便集めという点では普通の引越し業者よりも有利です。

 

引越し荷物が少ない地方へも宅配便の荷物と一緒に運ぶことで輸送コストを下げることもできるのです。

 

荷物が少ない単身の長距離引越しを予定しているのなら単身パックはおすすめです。

 

大きな荷物を減らして宅配便で運ぶ

大きな荷物が無くなれば引越し業者に頼まなくても宅配便で運ぶことだってできます。高額な長距離引越しの場合は、大きな荷物は現在のお住まいで処分して新居で買い直した方が安くなることだってあります。

 

まだ新しい荷物であったならリサイクルショップで買取してもらえる可能性だってあります。長距離引越しの見積もりが高いと感じた時は利用して欲しい方法です。

 

 

引越し業者をランキング方式で掲示しているサイトがたくさんあるのですが、ご覧になったことありますか?トップとなっている業者は、いずれの項目でも顧客満足度が高くなっているのが分かるでしょう。

一戸建ての住宅の場合は、エアコンの設置総数が多くなってしまうため、エアコンの引越しをするなら、引越し専門の業者にしっかりした見積もりを算出してもらうことが重要です。

作業が懇切丁寧でスピードもあるのに、低価格なところがあったなら最強であること間違いありません。引越し業者をランキング一覧で提示しているネットサイトで調査してみてはどうですか?

混載便での長距離引越しの相場を把握しておくことも不可欠ですが、仮に多少金額が張る業者であったとしても、交渉により金額を負けてくれるところも見受けられます。

無名の引越し業者を利用することになれば、やっぱり不安になるはずです。引越し業者の評判が掲載されている口コミサイトを読んでみれば、現実の評価が明らかになると思います。


遠方への引越し先の住まいには必要不可欠なものだけを持ち込み、必要ではないものは廃棄しましょう。運んでもらう荷物を限定することが、格安で長距離の引越しをするための重要ポイントになると思います。

引越しする北海道の家に運んでもらう荷物は、必要とされるもののみにすることがポイントです。混載便を使って格安で引越ししたいとおっしゃるのであれば、運ぶ荷物をリミットまで抑えることが必要になってきます。

ダンボールを自分で購入しようとすると、予測外に値段が高額で愕然とするかもしれません。ダンボールの無償提供を約束している引越し専門業者だけを選択して、それらの引越し業者を比較するのも良いと思います。

引越し業者のオフィシャルページを熟読するとわかるのですが、インターネット経由で見積もりをお願いすると、割安料金となるところも存在します。格安で引越しをしたい場合は、引越し業者のウェブサイトも調べることをお勧めします。長距離の場合は混載便輸送を使っている業者もおすすめです。

引越し業者をランキング一覧にて案内しているインターネットサイトが複数あります。「どの引越し業者が高評価を受けているのか?」、「お客さんの満足度が抜きん出ているのはどの引越し専門業者なのか?」などが明白になるはずです。


遠方へ引っ越しをしようと決めたら、引越しの専門業者に前もって見積もりをお願いしましょう。単身引越しは「引越し単身パック」といったプランもあり、見積もりのやり方により、ものすごく料金を安く抑えることが可能なのです。

引っ越しにかかる費用の相場がわからないと言われるなら、3~5社の引越し料金を比較してください。相場さえ分かっておけば、筋違いの金額を請求されるようなこともないでしょう。

遠方への引越しを任せる業者の選定を失敗すると、高いお金を強要されてしまう場合もないとは言えません。引越し業者をランキング仕立てで公開しているインターネットサイトを見ておくべきだと思います。

「引っ越ししなければならない状況になったけど、業者をほとんどと言っていいくらい知らない」とおっしゃるなら、引越し業者をランキング一覧の形にして比較しているサイトを基に業者を選出するとうまく行くと思います。

単身の引越しであれば、家財道具が少量であるということが大半でしょうから、業者に依頼せずに自分一人で引越し作業に取り組むという方もかなり多いのではないでしょうか?当然金銭の面では安くあげることができますが、身体的に負担が大きいと言えます。

 

ほとんど使わないものや大きなごみを事前に処分するということをしておかないと、引越しする住まいに運ぶ結果となります。引越し日を考慮して、事前に不用品を処分しておくことが大切でしょう。

引越し専門業者を利用した経験がある人の口コミが、ネット上の情報サイトに記載されています。引越し業者を比較して依頼する際の目安の1つにすることができます。

引越し業者をランキング方式にてピックアップしているウェブページが様々存在します。「どの業者の支持率が高いのか?」、「ユーザーの満足度が95%を超えているのはどの引越し業者なのか?」などが浮き彫りになります。

長距離の引越しのために段ボール詰めをしている時に見つけた少し前に買ったものなども、廃棄するか売り払ってしまいましょう。中古買取店に不用品を処分するのだという気分で持って行ってみるとラッキーなことにお金になることだってあり得ます。

混載便輸送で格安引越ししたいと考えているのなら、なるだけ荷物を少量にしましょう。ビッグサイズの家具は運ばないで、引越した場所で新たに買ったらどうでしょうか?


遠くへの単身の引越しだとしたら、「引越し単身パック」などを利用すればけっこう安く引越しすることが可能です。それに加えて、業者が指定する日に引越しをするようにすれば、もう一声料金を下げてくれる業者も存在するのです。

今も使っているエアコンを引越しした家でも使う予定ならば、エアコンの引っ越しも必要になります。取り外しや取り付けの工事が必要になってきますから、それなりの費用が掛かってしまいます。

他府県への単身の引越しとなりますと、「荷物もそれほど多くないし自力でも可能だ」と考えられがちですが、全部一人でこなすのは、想像以上に辛いものになると思います。「引越し単身パック」のある引越し業者にお願いした方が楽に済ませられます。

調べてみればわかりますが、物凄い数の引越し業者が営業しています。そのエリアに絞って営業している業者から、日本国内中に名前が売れている業者まで様々あります。充分に引越し業者を比較した上で決めましょう。

集合住宅ではなく独立した家であった場合は、エアコンの総数が多いはずなので、エアコンの引っ越しをすることにしている場合は、引越し業者に細かい見積もりを作ってもらいましょう。


安い価格を提示している業者が、期待通りに応対が良いかどうかを確認したいというなら、引越し業者の評判を知ることができるクチコミサイトをきちんと読めばいいでしょう。

数社の業者に頼んで見積もりをもらい、その引越し料金を比較することで、はっきりしない引越し代金の相場的な額を知ることができると思います。

引越し業者を比較したデータサイトが多数存在します。料金とかサービス、引越しの作業時間などの比較が可能です。引越し業者を選ぶ際の指標の1つにしていただけます。

多忙を理由に、適当な引越し業者に一気に自宅の中に入ってもらって、引越しの見積もりを頼むのは慎みましょう。そんな時は一括見積もりを有効に活用するべきだと思います。

「ここにお願いしたい」と言える業者をチョイスしたいなら、引越し料金を比較することをおすすめします。親切で安心価格のところを選択すれば、気分の良い引越しができると言っていいでしょう。

遠方への引越しを安くしたいならコンテナ便を使うのも検討しましょう。フェリーやJRを使えば輸送量が少ない地方への引越しも安くすることができます。

 

東京から大阪へ単身引越しを独自にする場合には、荷物全てを荷積みするための軽トラが要ります。レンタカーを借りるにしても、考えている以上にお金が掛かるに違いありません。

遠距離の引っ越しをする予定で、業者をセレクトしている最中だとしたら、引越し業者をランキングにして並べているWEBサイトに目を通すとよいと思います。リーズナブルでサービスのレベルが高いところを見つけられるでしょう。

クチコミを見れば利用者の満足度も明らかになります。引越し業者の評判を理解して、引越し専門の業者を選ぶ際の目安にすれば良いのではないかと考えています。

いくつかの引越し業者を比較すれば、サービスが良いところ、代金が他社と比べて安めなところなど、業者毎の強みがはっきりしてきます。ご自分の希望に沿った業者を選ぶ時の目安になるはずです。

ピアノ運送を得意とする輸送業者は、ピアノ運送をした後に調律まで行ってくれるのです。普通の引越し業者だとすれば、そんなことまではしないでしょう。


単身の引越しというのも、荷物を運送する車のサイズで掛かる金額が全然変わります。手出しを抑えたいなら、大きめの家具類の運搬は断念するしかないのではと思います。

混載便による引越しの見積もりと申しますのは、すべての業者が無料で行ってくれるのが普通です。費用を求められることはないと思って大丈夫ですから、ネット上にある一括見積もりを活用して申請しましょう。

引っ越しのときは、引越し業者に前もって見積もりを貰うようにしてください。単身荷の引越しは「引越し単身パック」などの用意もされていて、見積もりの仕方次第で、すごく費用を低く抑えることができるでしょう。

引っ越しは土日祝日に日程を組むと、費用がアップするのが普通です。その他の時期と引越し料金を比較してみてください。割安になる場合がほとんどではないでしょうか?

費用がいくらか高くても、至れり尽くせりのサービスだとしたら、料金以上のものがあると言えます。引越し業者を比較するというなら、サービスの詳細についても手を抜かずに確認するべきです。引越し代金が格安だったとしましても、サービスのレベルが低いとしたらお得だったとは言えないでしょう。


ここ何年も使用しているエアコンを新しい住まいでも使いたいなら、エアコンの引越しが必要となってきます。プロによる工事が必須なので、2万円前後の費用が掛かると考えていて下さい。

長距離の引越し業者を選ぶ時に致命的失敗をしないためにも、投稿を目安の1つにしてみませんか?依頼しようかと思案している引越し業者の評判であるとか引越し作業の要領などを把握することができるはずです。

引越し予定の住居に運ぶ荷物については、入り用なもののみにすることがポイントです。格安で引越しをしたいのであれば、持ち込む荷物をなるだけ少なくすることが大切になってきます。

引越し料金を比較すれば、どこが最も安い金額で引越しを引き受けてくれる引越業者なのかが明らかになります。ほんの少しでも割安にしたいなら、一括見積もりを利用して比較するのが決め手です。

利便性の良い近隣の何社かに頼んで見積もりを出してもらい、その引越し料金を比較してみれば、割とわかりづらい引越し費用の概ねの額を知ることができると思います。

 

 

Twitter Facebook LINE

 

更新履歴
TOPへ